初めてのキャッシングの利用方法について

キャッシングを利用した事がない方は、利用方法がいまいちイメージ出来ない場合があるようです。利用の仕方は非常にシンプルで、申し込み、審査、融資の順番になっています。申し込みを行う方法は、インターネットを利用して消費者金融のホームページから申し込む方法と、電話で申し込む方法、無人契約機を利用して申し込む方法、消費者金融の店舗で申し込む方法があります。それぞれ好きな方法を選んで申し込みを行うようにしましょう。その後に審査を行う事になりますが、必要な書類などがあるので、事前に用意するようにしましょう。また会社などで働いている場合は、在籍確認を行う事になります。この際に会社に知られたくないと考える方もいますが、知られる心配はありません。収入面や、安定した生活状況などを踏まえて審査を行う事になります。審査が終わると融資の利用が可能になります。キャッシングを利用する場合、現在では即日融資も可能になっているので急いでいる場合でも役立つのではないでしょうか。

キャッシングと振り込みについて

キャッシングの申込方法として人気になっているのが、WEB申込です。
パソコンやスマートフォン等で申込みをすれば、そのまま審査、契約、借入までWEB上で行う事ができます。
ただWEB申込の場合、契約をしてすぐに借入をしたいと考えた場合、口座振り込みという形での借入となります。
その為、銀行が対応してくれる時間内に契約、借入の手続きまで完了させる必要があります。
14時までに全ての手続きが完了すればその日のうちに現金を手にする事ができますが、その時間を過ぎると銀行の翌営業日の営業時間が始まってからしか口座に現金が振り込まれない事になります。
ただ、WEB申込でも、契約後に契約機や店頭に行けば、すぐにATMで使えるカードを受け取る事ができる為、その日のうちに現金を手にする事ができるようになります。
現在は、即日審査、契約、そして借入可能なキャッシングが増えてきていますが、その日のうちに借入をする為には申込時間を意識しておく事が大切です。

翌朝、最速でキャッシングする方法

どうしてもすぐにお金が必要だったとしても、基本的にキャッシングは申込み時間が決まっており、その時間外に申し込んだ場合、翌日に持ち越されてしまいます。
つまり、もしも、深夜に申し込みを行って、すぐに審査が行われてキャッシングができるような業者の場合は、ヤミ金業者である可能性が高いため、注意しなければいけないのです。
では、すぐにお金が必要で翌朝すぐにキャッシングを受けたいという場合、最速で行うにはどうしたらいいのかですが、その方法は簡単で夜の間に申し込みを行っておくことです。
現在はネットからいつでも申し込みができるようになりますので、個人情報などの入力をそこですべて済ませておけば、翌朝一番に無人契約機に行って審査を受けるだけとなり、かなり時間の短縮につながるのです。
特に無人契約機からの審査は結果が出るまでその場にいなければいけないことから優先的に行われるようになっていますし、審査に通ればそのままお金を借りることができますので最速でキャッシングを受けることができるのです。

キャッシングは返済する時には利息が発生します

“キャッシングを利用する際の基礎知識として押さえておきたい事が利息についてです。
例えば、キャッシングで50万円を借りた場合、50万円を返せばよいのではなくて、それに利息を加えて返済しなければならないです。
その利息はどのようにして求めるのかというと、借入時に設定される金利や借入残高、借入日数に応じて変わってきます。
計算方法については理解していなくても、借りる場合はどうすると利息が高くなったり、安くなったりするのかは把握しておくべきです。
まず、金利は残高に対して利息が発生する割合を示しているので金利が高い所よりも低い所で借りた方が利息は抑える事が出来ます。
また、借入残高が大きい程、借入日数が長い程、同じ金利であったとしても利息がどんどん高くなっていきますので、借りる際には必要以上にお金を借りようとはしない事、繰り上げ返済を意識してなるべく早く完済するようにする事も利息を抑えるためには大切な事です。”

キャッシングを利用する際は他社比較をしよう

“キャッシングでお金を借りる際には、色々な消費者金融や銀行がサービスを提供していますが、めんどくさいからと言って適当に選ぶのは止めておいて他社比較をする方が良いです。
それでは比較する際にはどんな事をチェックするべきなのかというと、まず真っ先に思い浮かべるのは金利であり、金利は利息に大きく影響するので大切な要素である事には違いないです。
しかし、他にも色々と見るべき事はあります。
例えば、審査スピードや審査の通過しやすさ、サービスが充実しているのか、年齢制限はどうなっているのか、などといった事が挙げられます。
何も知らないとどこも似たり寄ったりに見えてしまうかもしれないですが、きちんと比較すればそれぞれの業者の特色が見えてきます。
だから、キャッシングを利用する際には急いでいる時にはあまり比較できなくても、出来る限りは色々な業者を比較した上でどこのキャッシングを利用するのが適しているかを判断した方が良いです。”

スピード審査が売りのキャッシング

“旅行先で、手持が足りなくなり急にキャッシングを利用したい。明日の結婚式の御祝儀が足りないので、すぐにでも融資を受けたい。
など、お金にまつわる心配は、急なことが多いのではないでしょうか。すぐにでもお金を用意したいけれど、家族や友達は頼ることが出来ない。そんな時に、ぜひ活用していただきたいのが消費者金融等のキャッシングです。
通常、銀行等からお金を借りる時には審査を受ける必要があります。収入や、過去の借入と返済の状況、仕事の在籍年数や志さんの状況等、数多くの事項を確認する必要があるため銀行から融資を受けるのには時間がかかることが多いです。
しかし、消費者金融等のキャッシングは審査が簡素化されている事が多くまた必要書類が銀行に比べると少ないことも多く、審査が完了するスピードが速い事が特徴です。
なかなか相談することが難しいお金の悩みだからこそ、スピードの速い審査が売りのキャッシングを利用してトラブルを即解決してみてはいかがでしょうか。”

キャッシングは無担保で借りられるの?

“キャッシングは、無担保で借りることができます。土地や建物のような物的担保が不要なことはもちろん、人的担保、すなわち連帯保証人も不要です。しかし、担保無しでお金を貸すということはもしも契約者が返済不能になったときにお金を回収する手段がないということですから、審査では契約者が働いていて収入があるということが重視されます。働いていて収入がある人なら、契約者が返済をしなくなったら給与口座を差押えるといったように強制徴収ができるのでリスクはある程度軽減できます。

キャッシング審査では、年収の他に、勤務形態、勤続年数なども重要になります。現在は高収入を得ていても、将来も同じ高収入が得られているとは限らないので、将来にわたって安定した収入が見込めるかどうかも重要になります。正社員の人は有利になりますが、派遣や契約社員の人は期間満了で失業するリスクがあるので、不利になります。しかし、限度額が50万円程度であれば、派遣や契約社員でも借りられる可能性は高いです。キャッシングでは、年収に対して無理のない金額であるかが重要になります。”

キャッシングで過払い金請求ができる場合とは

“過払い金請求という言葉をよく聞きますが、現在キャッシングをしている人で過払い金が発生している人はほとんどいないでしょう。利息制限法では10万円未満の場合20%、10万円以上100万円未満の場合18%、100万円以上の場合15%という上限金利が定められていますが、この金利を超えた利息を支払っていた場合に過払い金が発生します。現在はどこの金融機関も利息制限法の上限は守っていますので、正規の金融機関で借りている限りは過払い金は発生しません。

なぜ現在でも過払い金請求が頻繁に行なわれているのかというと、過払い金請求の時効は最後に返済をした時から10年だからです。2006年頃まではグレーゾーン金利である29.2%を設定している貸金業者が多くありましたが、その頃に貸金業者から借金をしていた人が、現在になって過払い金請求をしているのです。最後に返済をしてから10年ですので、現在も返済を継続中の人はもちろん、すでに完済をしてしまった人でもまだ時効にかかっていないケースがあります。昔グレーゾーン金利で借金を返済していた人で、たくさんの過払い金を支払っていた人は、弁護士に相談をしてみましょう。”

キャッシングの即日対応を可能にする与信付与システム

キャッシングの与信付与システムは自動で行われます。
最終的には書類の審査など担当者の確認で判断されますが、融資の可否や利用限度額の提示も自動で行われます。
この与信付与システムは金融会社、とりわけ消費者金融が長年培ってきた利用実績や顧客データの蓄積がベースになっています。
消費者金融のキャッシングでは属性モデル制を採用している場合もあり、過去の顧客と利用者の属性をマッチングさせることで、融資の判断を出しています。
各社によって違いはありますが、職業や地域性、年齢、性別など様々な属性こと申込で申告したデータを照合しています。
照合においては将来、どのような利用形態をたどるのかも分かる仕組みになっており、過去の膨大なデータが正確な判断も可能となっています。
また、融資ができる場合と、過去に不良債権となった事例もシステムの中に組み込まれているのです。
与信付与システムは審査の生命線でもあり、消費者金融などでは雇用関係の変化など社会の変化も捉えてシステムに加えています。