キャッシングの即日対応を可能にする与信付与システム

キャッシングの与信付与システムは自動で行われます。
最終的には書類の審査など担当者の確認で判断されますが、融資の可否や利用限度額の提示も自動で行われます。
この与信付与システムは金融会社、とりわけ消費者金融が長年培ってきた利用実績や顧客データの蓄積がベースになっています。
消費者金融のキャッシングでは属性モデル制を採用している場合もあり、過去の顧客と利用者の属性をマッチングさせることで、融資の判断を出しています。
各社によって違いはありますが、職業や地域性、年齢、性別など様々な属性こと申込で申告したデータを照合しています。
照合においては将来、どのような利用形態をたどるのかも分かる仕組みになっており、過去の膨大なデータが正確な判断も可能となっています。
また、融資ができる場合と、過去に不良債権となった事例もシステムの中に組み込まれているのです。
与信付与システムは審査の生命線でもあり、消費者金融などでは雇用関係の変化など社会の変化も捉えてシステムに加えています。